ほんものづくり、
市之瀬のお茶。

歴史の古い藤枝茶の中心をなす市之瀬地区は、豊かな自然と、瀬戸川の清流に恵まれた肥沃な土壌によって茶樹が力強く根を張り、良質なお茶が育ちます。

新芽が出たら寒冷紗で覆い、日光を遮断する事で渋みが抑えられ、うまみ成分のアミノ酸の多い茶葉が作られます。手間を惜しまず育てた茶葉を、レンガ造りの炉で丁寧に仕上げた「ほんものづくり」が市之瀬のお茶の魅力です。