会社概要

私たちについて

歴史の古い藤枝茶の中心をなす市之瀬地区は奇岩、奇石で名高いびく石山のふもと、瀬戸川の清流に囲まれた自然条件と組合員のたゆまぬ努力により良質茶の生産に励んでいます。

煎茶製造を続ける中で、平成7年度より機械乾燥機による碾茶生産を開始致しました。

また、碾茶製品のより一層の向上と「ほんもの作り」を目指し平成18年度県単中山間地域施設整備事業によりレンガ造りの炉建設を行いました。

平成24年度静岡県総合茶園地共進会において農林大臣賞を受賞、また平成25年度静岡県茶品評会では、最優秀賞及び1等2席を受賞、農林大臣賞、県知事賞をも受賞し高齢化の進む中ではありますが、より一層の努力を重ねより良い製品作りに努めてまいります。

農協法の下で、存続を図ってまいりましたが、生産者の総意の下、組織変更を図り、株式会社として再スタートをいたしました。

数少ない煎茶、碾茶の工場として、地域に根差した会社を目指し社員一同頑張っていく決意です。

会社概要

名称
株式会社市之瀬の里
所在地
静岡県藤枝市瀬戸ノ谷7374
設立
平成30年2月20日(登録完了)
出資金
6,000,000円
社員
17名
役員
3名(取締役)
茶園面積
21.9ha

施設

敷地面積
2,400㎡
建物
鉄骨スレート葺1部2階建 1478,5㎡
機械

煎茶ライン 寺田式120k型2ライン

碾茶ライン 富田式100k型2ライン

茶葉処理能力

煎茶
12,000k/日
碾茶
5,000k/日